2008年08月18日

[034]研磨ホイール・研磨ディスクを安全にお使い頂ける便利ツールのご紹介(2008/8/10号)

突然ですが、「カッティングディスクが割れて破片が飛んだ」「マンドレルが折れてしまった」という経験をされている方、意外といらっしゃるのではないでしょうか?
このような危険な事故は研磨ホイール・研磨ディスクの仕様上や品質上の問題がもちろん多いのですが、私たちは使用しているマンドレルによっても影響があるのではと考えております。
歯科技工業界で一般的に使用されているマンドレルの先端部(フランジ)の外径は5mm。このマンドレルは、外径19mmの研磨ディスクにも外径38mmのカッティングディスクにも使用されます。回転研磨時に発生する反りや偏芯を考えると、果たしてこれで安全性に十分だろうかと少し疑問を感じるのです。
工業界の研削砥石には、砥石業界団体の基準に従って作成した「安全の手引き」が添付されております。この中で「研磨ディスク・研磨ホイールを使用する時には必ず砥石外径の1/3以上の左右等しく適正なフランジ(砥石カバー)を使用すること」と記載されております。
ここまでくると“石橋を叩いて渡る”と言われてもおかしくありませんが、少なくとも外径38mmのカッティングディスクに通常のマンドレルを使用するのは安全面では不適切ではないかと考えております。
そこで今回紹介したいのが『セーフティーマンドレル』。このマンドレルは先端部(フランジ)が2枚のツバ状のプレートになっており、ここに研磨ホイール・研磨ディスクをはさみ込んで使用します。
このツバ状プレートの外径は14mm。通常のマンドレルに比べて約3倍幅広になっているので、外径の大きい研磨ディスク・研磨ホイールの反りや偏芯を抑え、安全にご使用頂く事に貢献します。
セーフティーマンドレル』は外径38mm以下・厚さ3.0mm以下の研磨ディスク・研磨ホイールにご使用頂けます。5本入り標準定価(税別)は ¥4,300 です。
快適で安全な作業の為に、1セット持っているだけでも便利なツールですよ。

【ご連絡】
この商品の詳細説明のページは現在公開致しておりません。(リンクがありません)

セーフティーマンドレル
posted by ケンマ君 at 20:50| ケンマ君通信